ライフカードの借入とは|電話・ネット・ATM、多彩な方法が魅力

ライフカードはアイフルの子会社のライフカード株式会社が発行しているクレジットカードで、VISAやマスターカード、JCBなどからブランドを選択することができます。利用者のニーズに合わせたクレジットカードを多数用意しているのが、特徴となります。

一般向けのライフカードや学生専用カード、女性向けのカードやゴールドカード、自動的にリボルビング払いとなるカードなど、その種類はさまざまです。一般向けのライフカードは、入会料や発行手数料が無料なだけでなく、年会費が永年無料となっているのが、何よりも魅力の一つと言えるでしょう。

ライフカードは借入機能はもちろん、ETC機能や電子マネーのEdy機能なども付随することができますので、あるゆるシーンで活用することができます。ETCカードの発行やEdy機能を付随すると、手数料や年会費が必要となるクレジットカードもありますが、ライフカードの場合、無料で作ることができ、年会費や手数料なども一切必要ありません。

関連|クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

関連|クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?

金利・利息手数料

ライフカードの金利は利率が15%から18%となっており、一般的なクレジットカードと同じような金利が設定されています。借入金額が100万円以上か、100万円未満かで金利は変動しますので、借り入れ前にチェックしておいたほうが良いでしょう。また、カードの種類によっても金利は異なります。

締日が5日、または11日のどちらかを選択することができ、支払日も27日、または3日のどちらかを選択することができます。自分の給料日やライフサイクルに合わせて、締日や支払日を設定できるのは、利用しやすいですね。

融資可能額

ライフカードで利用いただける借入利用枠は、上限が200万円となっておりますが、審査によって、利用枠の上限が設定されます。初回入会時から最大上限枠を設定することは、まず難しいと考えられます。利用実績を上げた上で、増枠を考えていくようにするほうが現実的ではないでしょうか。

関連|クレジットカードの借入枠利用の審査は何を見てるの?

返済方式・プラン

ライフカードで借入を利用いただいた場合、返済方式は翌月一括払いかリボルビング払いのどちらかを利用することができます。リボルビング払いを選択した場合、利用残高に応じて、月々の返済額が決まります。毎月一定額を返済していくため、無理のない返済プランをたてたければ、リボ払いを利用するほうが良いでしょう。

ポイントなどの特典やメリット

ライフカードは利用金額に応じてポイントが付与されますが、入会した時点では0.5%の還元率となっています。しかし、年間利用金額が50万円以上になると、0.75%の還元率、150万円以上だと1%の還元率と変動します。

年間50万円以上利用すると、ボーナスポイントとして1500円相当のポイントがプレゼントされます。ボーナスポイントを含めると、かなり高い還元率になってくるのではないでしょうか。入会特典として、入会後一年間はポイントが1.5倍となります。また、100ポイント以上貯まった場合、家族にポイントを移行することができるサービスもあります。

ライフカードは電子マネー機能にチャージした場合でもポイントが付与されますので、ポイントについてのメリット点がとても多いのではないでしょうか。貯まったポイントはANAマイルやアマゾンのギフト券、各種電子マネーや楽天スーパーポイントなどから、いろいろな商品と交換することも可能です。

こんな方にオススメ

ライフカードはポイント制度が充実しているため、借入や買い物で利用いただいたときもしっかり還元してほしいと思う方におススメです。また、ついうっかり使いすぎてしまったときに便利なのが、支払い方法をあとから変更できるサービスです。カードを使った後に、あとからリボ、あとから分割払いに変更すれば、支払い方法を変更することができます。

最短1時間