エポスカードの借入とは|千円単位OK、コンビニでの借り入れ返済可

エポスカードはマルイデパートでしられる丸井グループのカード、金融事業として設立された株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。

エポスという一見、変わったカード名ですが、エポックという英語で新しい時代ということを意味しているそうです。エポスカードはさまざまな場所で利用することができますが、なんと全国の7000以上の店舗で、優待特典を受けることができます。

エポスカードは丸井グループでの支払いだけでなく、公共料金や携帯電話の支払いなど、さまざまな支払いにも利用できます。また、電子マネーの機能が付随しているため、お金をチャージすることができ、借入機能もついているので、急な出費で困ったときには手軽に融資を受けることが出来ます。

エポスカードはスルガ銀行の保証会社にもなっていますので、カードローンを利用いただいたい場合は、スルガ銀行から申し込みをしましょう。

エポスカードはATMを利用して、借り入れをすることができます。エポスカード専用のATMか、またはコンビニエンスストアや銀行などの金融機関のATMからお金を借りることができます。

エポスの専用ATMは全国展開はしておりませんが、関東や近畿、東北や東海といった一部の地域で、利用することができます。駅やマルイの店舗内に設置されており、利用手数料も無料になっています。

借入も千円単位からすることが可能となっており、午前6時から深夜2時まで借り入れをすることができます。コンビニエンスストアのATMは24時間利用することができますが、その代わり、利用手数料が発生します。

関連|クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

関連|クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?

エポスカードの金利・利息手数料

エポスカードの実質金利は利用可能額の大小に関わらず、18%の実質年率を設けています。いくらお金を借りたとしても、金利は18%になってしまいます。他のクレジットカード会社の借入と比べた場合、借入額によって金利は変動するものですが、エポスカードの場合、一律となっているようです。

融資可能額

エポスカードの融資可能額は上限が99万円となっており、審査結果によっては、利用枠が20万円になる人もいれば、70万円になる人もいます。利用可能額の増額については、自分からは申請はできないようです。

これまでの利用実績から、利用可能額は増えることもあるようですが、エポスカード側から案内がくるまでは、利用枠が増えることはありません。どうしても利用枠を増やしたいのなら、相談してみるのが良いでしょう。

関連|クレジットカードの借入枠利用の審査は何を見てるの?

エポスカードの返済方式・プラン

エポスカードの返済方式は、一括払いかリボルビング払いを選択することができます。一括払いを選択したとしても、後から支払いが厳しくなってきた場合、途中でリボルビング払いに変更することも可能です。

支払いを増額して返済することも可能なので、そのときの経済状況によって、返済プランをたてていけば良いでしょう。

ポイントなどの特典やメリット

エポスカードはカードを利用するごとに、ポイントが付与されます。200円のお買い物で一括払いだと1ポイントが付与され、リボルビング払いだと2ポイントが付与されます。

提携している店舗だと、ポイントが5倍になることもあるので、提携店舗を利用するようにすると、ポイントが貯まりやすくなります。

エポスカードはコンビニでの借入・返済ができて便利

エポスカードは、セブン銀行ATM、ファミリーマート(ファミマ)のEnet、ローソン銀行ATMなどのコンビニATMで利用できます。もちろんそれ以外にも大手銀行のATMなど幅広い場所で使うことができますが、特に店舗数の多いコンビニで利用できるのが嬉しいです。

エポスカードはこんな方にオススメ

マルイデパートでのお買い物や、丸井グループでの利用が多い方にエポスカードはおススメです。千円単位からの借りれるので、あまり高額な融資の利用がない場合、エポスカードは便利ではないでしょうか。

インターネットからネット借入いただけるため、日頃、忙しくて、なかなか銀行にもいくことができないという方なら、スマートフォンやタブレット、またはパソコンからオンラインで申し込みができるので、おススメといえます。

最短1時間