【即理解】クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

一般的なクレジットカードには、「ショッピング枠」と「借入枠」の2つの枠が備わっています。これは、クレジットカードの利用限度額を表す枠となりますが、これらの違いを明確にしておかないと、クレジットカードを上手に使いこなすことは難しいでしょう。

そこで今回は、クレジットカードのショッピング枠と借入枠の違いについてご紹介していきます。

  1. クレジットカードのショッピング枠とは?
  2. クレジットカードの借入枠とは?
  3. それぞれの枠の金額、支払い方法をチェックしておこう
  4. クレジットカードの借入枠を利用するには?
  5. クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いは?
  6. カードローンとクレジットカードのキャッシングはどちらがいい?
  7. アコムマスターカードはクレジットカードとカードローンが合体!?

クレジットカードのショッピング枠とは?

クレジットカードには、カードを提示するだけで商品・サービスを購入できる「クレジット機能」が備わっています。そのクレジット機能の利用限度額を表す枠が、ショッピング枠となります。

一般的なクレジットカードのショッピング枠の利用限度額は、50万円~80万円前後に設定されています。つまり、この限度額内であれば繰り返し利用することができます。

クレジットカードで買い物をできる金額はカードによって決まっています。10万円、20万円、30万円、40万円、50万円と結構違いがあるので自分が使える金額の枠を確認してみましょう。

通常はネットで会員サイトにログインするなどすれば、利用可能な枠はわかることが一般的ですがわからない場合はカード会社に問い合わせましょう。使い方なども相談できますので、わからないことは遠慮なく質問しましょう。

また、この利用限度額は、インターネットや電話連絡などによって変更することも可能です。使用実績があり、遅延なく支払いが行われている場合には、自動的に利用限度額が拡大していくケースも見られます。ただし、利用限度額の金額は契約者の信用によって異なるため、使用状況によっては増額できない可能性もあります。

クレジットカードの借入枠とは?

クレジットカードの中には、クレジット機能とは別に、現金の融資を受けられる「借入機能」が備わっているものも存在しています。その利用限度額を表す枠が、借入枠です。

クレジットカードの借入枠は、カードローンの利用限度額に比べると低く設定されている傾向にあります。なお、借入枠が備わっていないクレジットカードに関しては、基本的にお金を借りることが出来ません。

それぞれの枠の金額、支払い方法をチェックしておこう

このように、一般的なクレジットカードではクレジット機能・借入機能にそれぞれ枠が設けられており、具体的な金額も枠によって変わってきます。例えば、ショッピング枠が100万円に設定されているからと言って、借入枠でも100万円の融資を受けられるわけではありません。

そのため、クレジットカードを選ぶ際には、それぞれの枠の金額をチェックしておくことが大切です。特に、借入機能を目的としてクレジットカードを選ぶ場合には、枠が増額される可能性なども踏まえながら、慎重にカードを選ぶようにしましょう。

また、クレジットカードによっては、枠ごとに支払い方法が異なる可能性もあります。例えば、ショッピング枠でリボルビング払いを選択していても、借入枠で同じ支払い方法を必ずしも選べるわけではありません。支払い方法にこだわりを持っている方は、各枠の支払い方法もしっかりとご確認しておきましょう。

クレジットカードの借入枠を利用するには?

クレジットカードを持つには、まずクレジットカード会社などによる審査を受けることになります。この審査に通過するとカードが発行されますが、この時点では必ずしも借入枠が備わっているわけではありません。

具体的なシステムはクレジットカード会社によって異なりますが、借入枠の利用を希望する際には、追加で審査を受ける必要があるクレジットカードも珍しくありません。ただし、申し込み時に希望を伝えれば、通常の審査と同時に審査が進められるケースも見られます。

クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いは?

リボ払いは毎月支払金額が一定なのに対して、分割払いは特定の商品に対する支払いが毎月一定になります。どちらも金利(手数料)は付きますので、一括払いよりは多くのお金を支払うことになるという点では変わりはありません。ただし、リボ払いのほうが仕組みを理解するのが難しく、買い物の残高が増えてくると、気が付いたら毎月の支払額が高くなっていたということが起こります。これがリボ払いの最大のデメリットです

カード会社への返済が延滞になってしまうと、信用情報機関に記録が残ってしまう、いわゆるブラックリスト状態になってしまいますので注意が必要です。お金の計算がしやすいという点においては、分割払いのほうがメリットがあるといえますが、支払回数が10回を超えるなど、多くなってしまう場合は手数料も結構高いですから、せいぜい2回~5回くらいに抑えて計画的に支払えるとよいでしょう。年収が高い人・収入が多いでも、意外とこのリボ地獄に陥ってしまいますので安心はできません。リボ地獄によって家族が崩壊するなど、最悪のケースも想定して注意深く利用しましょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシングはどちらがいい?

まず世間のイメージとしてカードローンは借金というイメージが強いため、心理的に後ろめたいというのがカードローンのデメリットであり、簡単に手を出さなくて済むというのがメリットです。クレジットカードのキャッシングは気軽に利用できることがメリットでありデメリットであるということです。

次にクレジットカードのメリットとしては海外キャッシングができたり、借入以外でも海外の店で支払うことや、ネットで海外のサービスを利用する国際決済ができたりと幅広いシーンで役に立ちます。また保険が付帯していたり、ポイント還元を受けられるなどがあげられます。反対に、デメリットとしてはカードの種類によっては高い年会費を支払わないといけないことがしばしばあります。

カードローンの場合は年会費は不要なことが一般的ですので、その点は安心です。多くのコンビニATMなどで気軽に借入や返済ができるのもメリットと言えるでしょう。余談ですが、消費者金融のカードローンの場合は総量規制というものがあり年収の3分の1しか借りられないという問題が発生しますので、大きな金額を借りたい場合は銀行のカードローンに申込するのがおすすめです。

ちなみに、カードを作るのは面倒くさいけどちょっとだけお金を借りたいというときもあると思いますが、いくら家族といえども、クレジットカードの貸し借りはダメですので、自分専用の個人のカードを作りましょう。

アコムマスターカードはクレジットカードとカードローンが合体!?

アコムマスターカード(ACマスターカード)はカードローン機能が付いたクレジットカードです。使い方は普通のクレジットカード、普通のカードローンを使うときと同じです。利便性が高くマスターカードのブランドも人気です。

最短1時間