借入金を繰り上げ返済した時の利息

お借入をご利用する際に、多くのお客さまは「できるだけご返済金額を抑えたい」と感じることでしょう。実際に、繰り上げご返済を積極的に活用し、支払う利息分を減らしているお客さまは少なくありません。では、繰り上げご返済をご利用すると、具体的に利息はどのように減っていくのでしょうか?

今回は、お借入金を繰り上げご返済いただいた時の利息について詳しくご紹介していきます。

そもそも繰り上げご返済って何だろう?繰り上げご返済のメリット

繰り上げご返済とは、毎月決められた日にご返済をする約定ご返済とは別に、資金に余裕があるタイミングで追加でご返済を行うことを指します。ただし、繰り上げご返済で多くの金額をご返済に充てたとしても、毎月の約定ご返済の義務がなくなるわけではないため、その点には注意しておきましょう。

繰り上げご返済の大きなメリットは、ご返済いただいた金額が「全て残高に充てられる」という点です。つまり、利息分の支払いには充てられないため、効率良く残高を減らすことができます。ただし、繰り上げご返済には「期間短縮方式」と「再計算方式」の2種類があるので、まずはこの違いを理解しておく必要があります。

期間短縮方式とは、繰り上げご返済を行う代わりに、ご返済期間を短縮できる方式です。それに対して、繰り上げご返済を行う代わりに毎月のご返済額を減らせる方式のことを、再計算方式と言います。

どちらの方式なのかによって、繰り上げご返済をご利用いただいた後のご返済金額の計算方法は変わってくるので、注意しておきましょう。

具体的にどれぐらいの利息が減る?実例をご確認してみよう

では、実際に繰り上げご返済をすると、具体的にどのように利息が減っていくのでしょうか?

・残高120万円
・金利10%(年利)
・ご返済期間1年間(毎月のご返済額)

として、ここでは繰り上げご返済の実例をご紹介していきます。残高120万円で金利が10%の場合には、1年間で12万円の利息が発生することになります。これを繰り上げご返済で、お借り入れた月に20万円ご返済するとしましょう。

そうすると、残高はそのタイミングで100万円となり、その後に1年間かけてご返済を続けた(再計算方式)としても、利息は「100万円×10%=10万円」となります。期間短縮方式の繰り上げご返済では、ご返済期間を短縮することができるため、さらに支払う利息分を抑えることができます。

繰り上げご返済をする際には、タイミングに注意!

繰り上げご返済を活用する際には、1点押さえておくべきポイントがあります。それは、繰り上げご返済を行う「タイミング」です。

毎月のご返済額が決まっている元利均等ご返済であれば、支払い始めの時期に多くのご返済額が利息に充てられることになります。そのため、繰り上げご返済を行うタイミングが早いほど、利息を大きく減らすことができます。

また、一般的にお借入の利息は「締日」に算出されており、当月分の利息は前月の締日に算出されています。そのため、例えば4月の締日を超えてから繰り上げご返済を行うと、利息が軽減されるのは翌月の5月ではなく、翌々月の6月からになってしまう恐れがあるのです。

繰り上げご返済は利息を減らす効果的な手段ではありますが、上記のようにご返済のタイミングを誤ると、利息の減りが少なくなってしまいます。ご返済金額を可能な限り抑えたいお客さまは、タイミングに注意して繰り上げご返済を行うようにしましょう。

おわりに

繰り上げご返済を効果的に活用するには、ご返済を行うタイミングに注意する必要があります。支払う利息を減らしたいお客さまは、早めに繰り上げご返済をすること、締日の前にご返済することの2点を心がけるようにしましょう。

ただし、繰り上げご返済は家計に負担をかける恐れがあるため、資金に余裕がある時以外は活用するべきではありません。繰り上げご返済を行う前にも、しっかりと今後のご返済計画を立てておくことが大切です。