借入の一般的な返済方法

お借入には、複数のご返済方法が存在していることをご存じでしょうか?しっかりとご返済計画を立てるには、ご返済方法について理解を深めておく必要があります。

ご返済方法を理解しておけば、計画が途中でズレてしまう可能性も抑えられますし、ご返済のリスクを踏まえてお借入金額を決めることも可能です。そこで今回は、一般的なご返済方法についてご紹介していきます。

お借入ではどんなご返済方法が多い?

消費者金融に関しては、主に「元利定率リボルビング方式」と、「残高スライド元利定額ご返済方式」の2種類のご返済方法が主流とされています。前者の方式はアコム、後者はプロミスなどの消費者金融が採用しています。

元利定率リボルビング方式は、毎月のご返済額を「ご利用残高の○%」と定めてご返済する方式です。元金が減るほど月々のご返済額も減っていきますが、ご返済期間が長くなりやすいため、利息が増えやすいといったデメリットがあります。具体的な割合については、金融機関によって違いが見られます。

それに対し残高スライド元利定額ご返済方式は、ご利用残高によってあらかじめご返済額が決められている方式です。例えば、残高が100万円以上であれば月々5万円、50万円以上であれば月々3万円のようにご返済額が定められています。こちらのご返済方式も、ご返済期間が長くなりやすいため、利息が増えやすい傾向にあります。

クレジットカードのお借入では?

クレジットカードの場合、「元金定額リボルビング方式」という別のご返済方法も多く見られます。元金定額リボルビング方式では、月々のご返済金額が○万円のように決められており、毎月決まった金額をご返済することになります。

ただし、このご返済金額には利息が含まれていません。つまり、利息分は別に支払う必要があり、例えば月々のご返済額が5万円、利息が3,000円であれば、53,000円のご返済をすることになります。

元金定額リボルビング方式は、数あるご返済方式の中でも比較的元金が減りやすいご返済方法です。そのため、支払い始めは利息分の負担が大きくなるものの、最終的な総ご返済金額は抑えやすいといったメリットがあります。

ご返済方式はどのように選べば良い?

このように、ご返済方式には複数の種類があるため、「どのように選ぶべきか分からない…」と悩んでしまう方もいることでしょう。そのようなお客さまは、まず自分のご返済能力を把握するところから始めましょう。

ご返済能力とは、月々にご返済に充てられる資金のことを指します。毎月の余裕分を明確にすることができれば、その金額を踏まえた上で適したご返済方式を選べます。

そして、基本的には総ご返済金額を抑えることが望ましいので、自分のご返済能力と見比べた上で、ご返済金額を抑えやすい方式を選んでみましょう。ただし、無理をしてご返済をすると、家計に大きな負担をかけてしまう恐れがあるので、元金定額リボルビング方式よりも、元利定率リボルビング方式や残高スライド元利定額ご返済方式のほうが向いている可能性もあります。

また、「少しでも早く完済したい」という場合には、繰り上げご返済も視野に入れてみましょう。繰り上げご返済で支払った金額は、全て元金のご返済に充てられるため、結果として支払う利息分を減らすことができます。ただし、繰り上げご返済も家計に負担をかけてしまう恐れがあるので、あくまでも資金に余裕がある時のみにご利用することが大切です。

おわりに

お借入には複数のご返済方式があり、ご返済方式によって月々の負担や総ご返済金額が変わってきます。基本的には総ご返済金額を減らしやすいご返済方式が望ましいと言えますが、無理のあるご返済計画になると、多重債務に陥ってしまう可能性が高まります。そのため、自分のご返済能力に見合ったご返済方式を選ぶようにしましょう。

最短1時間