電話在籍確認なしの借入可能なサービスはある?

お借入でお金を借りるときに、必ず行われるのが在籍ご確認です。消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りるときや、クレジットカードでもお借入枠を付ける場合などには、勤務先への在籍ご確認が行われます。

通常は電話による在籍ご確認が行われますが、会社に電話がかかってくることで、「お金を借りていることが知られてしまうのではないか」と、心配になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、電話在籍ご確認なしのお借入についてご紹介いたします。

電話在籍ご確認って何だろう?

申し込み時には、自宅の連絡先はもちろん、職場の連絡先や住所も記載します。この記載された勤務先に本当に在籍しているかどうかをご確認するのが電話在籍ご確認であり、通常は電話によるご確認が行われます。
電話在籍ご確認に応じない場合には、審査がそれ以上進むことは基本的にありません。

電話での在籍ご確認の方法

電話での在籍ご確認と聞いて、勤続年数や給料の額などを聞かれたり、お金を借りることを話されたりするのではないかと、心配する人もいるかもしれません。しかし、貸金業法には「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められているため、金融機関が会社名などを名乗って電話をしてご融資のことについて話したり、申込者のことを根掘り葉掘り聞いたりすることはありません。

電話在籍ご確認では、必ず個人名で電話をかけてきて、申し込んだお客さまが電話口に出て初めて会社名を明かし、在籍ご確認が取れたことを伝え電話を切ります。もし本お客さまが外出や会議で席をはずしていても、電話口に出たお客さまが「○○はただいま席をはずしております」などと言って、在籍していることがご確認できれば問題ありません。

電話在籍ご確認なしで借りるためには

在籍ご確認が無い消費者金融や銀行カードローンはほとんどないと言えます。問題は、電話がかかってくるかどうか、電話以外の手段で在籍ご確認ができるかどうかです。

WEB完結も対応可能を謳っているようなサービスであれば、在籍ご確認を回避できるケースもあります。銀行カードローンの場合は、お借入を行う銀行の口座を既に持っている人であればWEB完結で借りれる場合もありますので、そういった方法を検討するといいでしょう。

※電話での在籍ご確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

悪徳業者に注意!

悪徳業者の中には、一般的なお借入よりも審査を緩くして、積極的に金銭を貸し付けようとする業者も見られます。そのため、「電話在籍ご確認なし」という点を重視しすぎると、悪徳業者と契約してしまう事態に陥りかねません。

どのようなケースであっても、お金を借りる先である金融機関の「信用性」をしっかりとチェックしておくことが大切です。電話在籍ご確認なしの金融機関を見つけたら、まずは安心するのではなく、その金融機関の信用性をチェックするようにしましょう。

どうしても悪徳業者が不安な場合には、上記でご紹介したような大手の消費者金融をご利用する手段もあります。大手の消費者金融であれば、悪徳業者である可能性が低い上に、ご利用者が多いためレビューなどを参考にしながら検討することが容易でしょう。

おわりに

今回は、電話在籍ご確認なしのお借入についてご紹介してきました。基本的には電話で行われる在籍ご確認ですが、きちんと事情を説明すれば金融機関もできる限り相談に乗ってくれるかもしれません。今回ご紹介した内容を参考に、一度金融機関にご確認を取ってみましょう。