女性や主婦でも借入できるキャッシングとは

冠婚葬祭やイベントごとなど急な出費が発生して、お金の工面に困った経験は誰にでもあることでしょう。十分な貯えがあれば特に困ることはないのですが、そのようなゆとりを持つのはなかなか難しいのが実情ではないでしょうか?

そういった急な出費に役立つのがお借入ですが、女性や主婦がお金を借りるのは、なかなか難しいのが実際のところです。そこで今回は、女性や主婦でも借りられるサービスについてご紹介いたします。

関連|アイフルの借入とは|金利や審査、返済方法

関連|プロミスの借入とは|金利や審査、返済方法

総量規制で個人のお借り入れは年収の3分の1まで!

女性や主婦のお借入が難しいのは、貸金業法の改正により2010年から導入された「総量規制」が大きな要因です。総量規制によって、貸金業者からの個人のお借り入れは「年収の3分の1まで」に制限されています。つまり、100万円を借りるためには、年収が300万円以上あることが条件です。

ただし、貸金業法は貸金業者を対象とした法律のため、銀行のカードローンは対象外です。また、住宅ローンなど担保のあるローンや、クレジットカードでのショッピングも、この総量規制の対象にはなりません。

総量規制の導入以前は、収入のない主婦でも消費者金融で簡単にお金を借りることができました。しかし、この総量規制の導入により、収入の少ないお客さまや収入のない主婦は審査をパスすることができなくなり、お金を借りることが難しくなってきました。

安定収入があれば女性や主婦でもOK!

しかし、ご安心ください。女性や主婦でも安定収入があれば、アコム・プロミス・SMBCモビットなどの消費者金融から、お金を借りることができる場合もあります。もちろん、総量規制が適用されるため、お借入金額は年収の3分の1までとなりますが、審査に通ればその範囲内で貸してもらえるケースも多く見られます。

収入があれば、正社員である必要はありません。パートやアルバイト、派遣社員などでも十分お借り入れることができます。もちろん、お借り入れの審査には、収入金額や勤続年数、勤務先などが影響し、場合によっては収入証明の提出を求められることもありますが、毎月安定して一定の収入を得ていれば、どのような勤務形態でも審査に通過できる可能性があります。

消費者金融の中には、女性のためのカードローンを用意しているところもあり、女性専用ダイヤルや女性オペレーターによる対応など、より女性が借りやすいサービスも見受けられるようになりました。

配偶者貸付なら夫婦の収入を合算して借りられる!

全く収入がない主婦は、消費者金融からお金を借りることはできません。しかし、そのようなケースでも「配偶者貸付制度」のある銀行カードローンをご利用するといった手段があります。

配偶者貸付制度は、配偶者の年収と合算して、年収の3分の1までお借り入れを行うことができる制度です。つまり、主婦で収入がゼロであっても、夫の収入額の3分の1を上限として、お金を借りることができます。ただし、そのためには配偶者の同意書や住民票など夫婦であることを証明する書類、配偶者の年収を証明する書類などを提出する必要があります。

消費者金融に関しては、収入がない主婦に配偶者貸付制度を適用してくれるところは少ない傾向にあります。一方、銀行系カードローンの場合は、この配偶者貸付制度の内容を適用する形で、配偶者に安定した収入があればご融資をしてくれるお借入が多い傾向にあります。

おわりに

今回は、女性や主婦でも借りられるサービスについてご紹介してきました。現在は、女性や主婦がお金を借りるのは難しい時代と言えます。しかし、一定の条件を満たせば借りる方法はあります。一定の収入があるお客さまは女性向けのお借入、収入がないお客さまは配偶者貸付制度のご利用を考えてみましょう。

最短1時間