銀行の借入審査に通過する為に大切なこと

銀行のお借入の審査は、消費者金融などに比べると一般的に厳しいとされています。もちろん、金融機関ごとに審査の基準は異なりますが、確実に銀行でご融資を受けたいのであれば、しっかりと対策を立てておく必要があるでしょう。

そこで今回は、銀行のお借入審査におけるポイントをご紹介していきます。

関連|借入審査前に用意すべき必要書類・本人確認書類

関連|クレジットカードの借入枠利用の審査は何を見てるの?

銀行のお借入審査って?

各銀行が実施しているサービスですが、誰でも簡単にご利用いただけるわけではありません。一般的に銀行は金利が低いとされていますが、その分銀行側にはリスクが生じるため、銀行でお借入するには審査が厳しいと言われています。

中でも重要になるのは、申込者の「信用性とご返済能力」の2つのポイントです。ご返済能力を短期間で高めることは難しいですが、信用性の面であればしっかりと準備を整えることによって、評価を高めることが可能です。信用性が高まれば、審査に通過できる可能性も高まるでしょう。

提出書類の内容を細かくご確認しておこう

申し込み時に提示した情報と、本人ご確認書類の情報が一致していない場合、個人としての信用を大きく落としかねません。そのため、申込書などを提出する際には、書き間違いがないかどうかを事前に細かくチェックしておきましょう。

特に注意するべきポイントとしては、「現住所」です。引っ越しの経験がある場合には、本人ご確認書類の住所が「前の住所」になっているかもしれません。そのようなケースでは、住所変更に必要な手続きを済ませた上で申し込みを行うようにしましょう。

また、申込者がその勤務先に本当に勤めているかをご確認する、「在籍ご確認」も審査のポイントになってきます。在籍ご確認とは、担当スタッフが勤務先へ電話をかけ、申込者が在籍しているかのご確認をとることです。申込者が不在でも問題ありませんが、もし勤務先に複数窓口がある場合は、なるべく所属部署の番号を伝えるようにしましょう。

インターネットで申し込みを行う場合にも、「入力ミス」には細心の注意を払う必要があります。細かいタイピングミスであっても、銀行側に「嘘をついている」と判断されてしまう恐れがあるので、必ず内容をしっかりとご確認した上で情報を送信するようにしましょう。

信用情報にキズをつけない

信用情報とは、個人情報や年収、ローンのご利用状況など、審査で重要な判断材料とされている情報のことです。特に注意するべきなのは、「延滞」の情報と言えます。

どのようなローンをご利用いただいた場合であっても、1度でもご返済の延滞をすると、その記録が長期間残ってしまう可能性があります。銀行側はそのような情報もご確認しますし、特にご返済トラブルの情報には敏感です。

また、携帯電話を分割で購入した場合、その携帯電話料金もローンとして扱われます。つまり、分割で購入した後に使用料金の支払いを延滞すると、信用情報にキズがついてしまうことにつながります。そのため、ローンの支払いだけでなく、携帯電話や公共料金などの支払いにも注意しておきましょう。

「すでに信用情報にキズがついてしまっている…」という場合には、申し込むタイミングを変えてみましょう。信用情報は内容にもよりますが、保存期間は半年~5年間とされています。その保存期間が過ぎれば、信用情報にキズがない状態に戻れる可能性があるので、その期間まで待つのも手段のひとつとして考えられます。

おわりに

申込者の信用性は、書き間違いなどの小さなミスであっても、大きく落ちてしまう可能性があります。そのため、まずは住所や勤務先など自分の情報をまとめ、しっかりと把握しておくことが大切です。「自分の個人情報だから間違えるわけがない」と考えず、細心の注意を払って申し込みの準備を進めるようにしましょう。