借入審査の際に必要な身分証明書、身分証なしはダメ?

お借入の中でも、カードローンと呼ばれるローンでは、保証人や担保を求められるケースが少ない傾向にあります。そのため、「身分証明書がなくても、お金を借りられるローンがあるのでは?」と考えている方もいることでしょう。

そこで今回は、身分証明書なしでご利用いただけるのかどうか、どのような身分証明書が求められるのかなどについてご紹介していきます。

関連|借入審査前に用意すべき必要書類・本人確認書類

身分証明書なしは基本的にNG

結論から言ってしまえば、身分証明書なしでご利用いただけるサービスは基本的にありません。金融機関側としては本人ご確認書類を提出させないと、申込者が提出書類に書かれた人物と同一人物であるかどうか判断できないためです。

この部分を曖昧にしておくと、金融機関側には「契約者ではない人物に請求をしてしまう」リスクが発生します。お借入では契約者だけでなく、金融機関側もトラブルを回避したいと考えているため、本人ご確認を軽視することは基本的にありません。

身分証明書なしのお借入を見つけたら?

実際には、身分証明書なしでご利用いただけるサービス・業者も少なからず存在しています。しかし、そのような金融機関は「悪徳業者」である可能性が高いため、契約をすることは基本的に考えないようにしましょう。

悪徳業者は、厳しい審査などを介さずにお金を貸してくれますが、ご返済時に法外の金利を請求されたり、ご返済金額を誤魔化されてしまったりする恐れがあります。多重債務に陥る可能性も急激に高まるので、怪しいと感じた金融機関はご利用しないことが大切です。

身分証明書として提出できるのは?

では、実際に身分証明書として提出できる書類には、どのようなものがあるのでしょうか?具体的な書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポートなどが挙げられます。

ただし、提出できる書類は複数ありますが、どれでも良いわけではありません。それぞれの書類にメリット・デメリットがあるため、以下でそれをご確認していきましょう。

最も信用度が高いのは?

身分証明書として信用度が高いとされているのは、運転免許証です。運転免許証は公的機関が発行しており、氏名・現住所・顔写真などの信頼性の高い情報が記載されているためです。

さらに、偽造防止のために免許証には「ICチップ」が内蔵されています。この最新技術の影響で、免許証は偽造や複製が困難になっており、より身分証明書としての信用度をあげています。

しかし、免許証のデメリットとして、誰でも簡単に入手できないという点があります。すでに取得している場合には問題ありませんが、もし持っていない場合は取得に時間と手間がかかるでしょう。

手軽に提出できるのは?

手軽さの点から見ると、特に手軽なのは健康保険証と言えるでしょう。健康保険証は公的医療保険の被保険者に配布されるものであり、日本の場合はほとんどの方が何らかの保健証を持っているはずです。

ただし、信頼性においては少々マイナス面があります。保険証の種類にもよりますが、運転免許証に比べると偽造や複製が行われやすいためです。事実、金融機関の中には、身分証明書として健康保険証を認めていないところも見られます。

そのほかの身分証明書は?

誰もが申請すれば持つことができるパスポートは、便利な身分証明書と言えます。外務省が発行しているため、発行元への信頼もありますし、パスポートにもICチップが内蔵されています。デメリットとしては、発行するために少々手間と費用がかかる点でしょう。

補足として、海外国籍をお持ちのお客さまは特別永住者証明書や在留カードも身分証明書として提出できます。

おわりに

提示を求められる身分証明書は、ご利用する金融機関によって異なることがあります。そのため、基本的にはご利用を考えている金融機関の情報をご確認した上で、提示する身分証明書を選ぶようにしましょう。

また、身分証明書の提示を求められない金融機関については、悪徳業者である可能性も考えられるので、信頼性や安全性を慎重に判断することが大切です。

最短1時間