借入の審査で見られるポイントと通過するコツ

はじめて金融機関からお金を借りるときに、不安を感じる人も少なくありません。お借入をご利用するには、金融機関の審査に通過する必要があるためです。では、審査ではどのようなポイントが見られるのでしょうか?

ここでは、審査で見られるポイントに加えて、通過するコツをご紹介していきます。

【ポイントその1】年収や勤務先の情報

契約者のご返済能力を判断する上で、「年収」は分かりやすい指標となります。年収は金額も重要なポイントとなりますが、それ以上に重要視されているのが「収入の安定性」です。例えば、毎月多くの給与を受け取っていても、月によって金額にばらつきが見られる場合には、審査において高い評価を受けることは難しくなります。

収入の安定性を判断する上では、「勤務先の情報」も重要な判断材料とされています。例えば、自営業やフリーターなどは収入が上下しやすい傾向にありますが、それに対して公務員や大手企業のサラリーマンなどは収入が安定しやすいため、高い評価を受けやすくなります。

【ポイントその2】他社からのお借入状況

カードローンや不動産担保ローンなど、すでに他社から多くのご融資を受けている場合には、審査に通過しづらくなります。個人のローンのご利用状況は、「信用情報機関」に登録されているので、審査をする金融機関側も把握することができるためです。

また、短期間でいくつもの金融機関にお借入申し込みを行っているケースでも、審査における評価は下がります。これは、現時点ではご融資を受けていなかったとしても、同時期にさまざまな金融機関からお借り入れ、債務不履行に陥ってしまう可能性があるためです。

【ポイントその3】提出書類の内容

お借入をご利用する際には、書類やインターネットの送信フォームなどで、個人情報を金融機関に伝えることになります。氏名や住所などに加え、勤務先の情報や連絡先なども記載することになりますが、この内容に偽りが見つかった場合には、金融機関の信用を大きく落としてしまいます。

多くの金融機関は、提出書類の内容に偽りがないかをご確認するため、契約者の自宅や勤務先に電話連絡を入れます。そのほかにも、信用情報機関から個人情報を参照するなど、さまざまなチェックを行っています。つまり、どんなに細かい内容であったとしても、偽りの事実を記載するとすぐに判明してしまうので、注意しておきましょう。

審査に通るコツは?

年収や勤務先などをすぐに変えることは難しいため、まずは自分のローンのご利用状況をご確認してみましょう。その中に、もう少しでご返済が完了するローンが存在しているのであれば、まずはそのローンを完済してからお借入を申し込むと、審査に通過できる可能性は高まります。

また、金融機関の中には、顧客を獲得するために一定期間キャンペーンを実施しているところも見られます。そのような金融機関は、短期間で多くの顧客獲得を目指しているケースが多いため、審査に通過しやすくなっている可能性があります。

一般的な審査では、年収などひとつひとつの要素に厳格な基準が設けられているわけではありません。すべての情報を参照にした上で、総合的に個人の信用度が判断されることになるので、「年収が低いから…」「多くのローンをご利用しているから…」といった理由で諦めないことが大切です。

おわりに

審査で判断されるのは、契約者の「信用度」です。信用度は主に年収や勤務先の状況、ローンのご利用状況などから判断されますが、書類に不備があったり連絡が取れなかったりすると、それだけで信用を大きく落としてしまいかねません。

そのため、申し込み時にはしっかりと準備を整え、金融機関からの連絡にはすぐに応じることを心がけてみましょう。

最短1時間