借入審査前に用意すべき必要書類・本人確認書類

個人でも気軽にお金を借りられるサービスが、銀行や消費者金融のお借入サービスです。しかし、これらのサービスご利用するためには、審査の前に必要書類をそろえなければなりません。では、実際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?

ここでは、審査前に用意すべき必要書類についてご紹介していきます。

関連|借入審査の際に必要な身分証明書、身分証なしはダメ?

審査前に必要な書類

審査を受けるには、主に本人ご確認書類と収入証明書類の2つの書類が必要となります。申し込み時には、住所や勤務先、収入などについて自己申告をするケースが多くなっていますが、これらの書類はその内容を証明するために求められます。

したがって、必要書類なしでは審査を受けることはできず、当然ご融資を受けることもできません。これは、ほとんどの金融機関において当てはまる事実となるため、しっかりと必要書類をそろえておきましょう。

本人ご確認書類とは?

本人ご確認書類として、最も代表的なものは「運転免許証」です。公的機関が発行している運転免許証は信用性が高く、審査においても推奨されています。また、審査に必要な氏名・生年月日・現住所・顔写真などの情報が記載されている点も、運転免許証が推奨されている理由です。

次に一般的な本人ご確認書類としては、「健康保険証」が挙げられます。運転免許証を持っていなくても、健康保険証ならば多くの方が持っているでしょう。

健康保険証には、「国民健康保険・社会保険・共済保険」の3種類があります。このうち、社会保険は会社員、共済保険は公務員の方しか持つことができませんので、国民健康保険以外の健康保険証であれば職業の証明にもなります。

しかし、健康保険証の偽造により詐欺行為が行われているケースもあるため、金融機関の中には本人ご確認書類として健康保険証を認めていないところもあります。事前に健康保険証でも可能かどうか、ご確認をしておきましょう。

ほかにも提出できる本人ご確認書類としては、「パスポート」があります。きちんと申請すれば誰でも持てる本人ご確認書類なので、パスポートは便利な身分証明書のひとつです。パスポートは外務省が発行しており、ICチップなどの偽造対策もしっかりしているため、信用度も高い傾向にあります。

本人ご確認書類の提出における注意点

本人ご確認書類を準備して、提出をする前にご確認しておくべきことがあります。それは、現在の状況と書類の記載情報が一致しているかどうかです。例えば、引っ越しをして住所が変わった場合や、結婚して苗字が変わった場合などは、本人ご確認書類として認められない恐れがあります。内容の変更がある場合は、その書類の発行元に出向いて変更申請を行う必要があるでしょう。

ただし、本人ご確認書類と現住所が異なるケースに関しては、ほかの書類を提出すれば問題ないシステムになっている金融機関もあります。ほかの書類としては、公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑証明書などが挙げられます。いずれの書類に関しても、発行日から6ヶ月以内のものだけが有効となります。

おわりに

今回はお借入の必要書類についてご紹介してきましたが、実際に必要になる書類については、金融機関によって少し異なる可能性があります。そのため、自分がご利用するお借入についての情報を調べておき、不手際がないようにしっかりと準備を進めておきましょう。