みずほ銀行の借入とは|金利や審査、返済方法

みずほ銀行は日本の三大メガバンクのひとつになります。そのみずほ銀行でももちろんカードローンはあります。みずほ銀行カードローンというそのものずばりの名称で用意されていますから、誰でもすぐにわかります。銀行のローンですから、総量規制の対象にはなりませんし、やはり限度額が業界最大というのが大きな特徴になるでしょう。

みずほ銀行のカードローンにはプランが2つあります。コンフォートプランとエグゼクティブプランですが、これはご利用者が決めることはできません。審査の時にプランが決まります。エグゼクティブプランが適用されるとかなりの低金利になるのが特徴です。

金利・利息手数料

金利はプランによって違いがあります。コンフォートプランの場合、3.5~14.0%ですが、エグゼクティブプランになると、3.0~7.0%になります。ですが、基本的にはコンフォートプランが適用されると考えていたほうがよさそうです。それでも、消費者金融の金利を考えるとかなり低いということができます。

限度額によって金利は異なるのですが、10万円~100万円であれば14%、200万円までであれば12%、300万円までであれば9%、400万円までであれば6%、500万円までであれば6%、600万円までであれば5%、800万円までであれば4.5%、1000万円までであれば4%になります。

エグゼクティブプランになると、300万円までであれば7%、400万円までであれば6%、500万円までであれば5.5%、600万円までであれば5%、800万円までであれば4.5%、1000万円までであれば3.5%になります。
また、この金利は、変動金利制となっているので、定期的に金利は変動することもあります。

関連|低金利借入、金利が安い銀行カードローン

関連|無利息期間、無金利期間のある借入

ご融資までのスピード

みずほ銀行に口座を持っている方であれば、即日からご利用が可能になります。また、みずほ銀行に口座を持っていない方でもその日のうちに審査は行われます。この場合、口座を同時に申し込むことも可能になっています。口座を同時に申し込めば2週間程度でご利用可能になりますし、そうでない場合は3~4週間でご利用可能になります。

審査

収入がある方か、もしくは、配偶者に収入がある方が申し込みが可能になります。基本的には運転免許証と収入証明書が必要になります。ただし、みずほダイレクトをご利用していたり、みずほ銀行の通帳が用意できる場合は、ご利用限度額200万円以下の場合は書類は必要なくなります。

基本的にはWEBでの申し込みができるので、店舗に行かなくてもよいですし、書類の郵送も必要はありません。免許証や収入証明書を写真に撮ってパソコンに取り込み、申込時に添付すればよいようになっています。

ご返済方式

ご返済の方法としては残高スライド方式となります。ご利用限度額が200万円未満であれば、50万円までが1万円、100万円までが2万円となり、100万円を超える場合、50万円ごとに1万円が追加となります。

ご利用限度額が200万円を超える場合は、100万円までが1万円、200万円までが2万円となり、200万円を超える場合、100万円ごとに1万円が追加となります。お借入残高が1万円未満の場合は、その残高分がご返済金額となります。

関連|借入の一般的な返済方法

メリット、こんなお客さまにオススメ

みずほ銀行で住宅ローンをご利用されている方であれば、基準となる金利から0.5%引き下げになるので、お借入をご利用するのであればオススメとなります。ただし、住宅ローンとカードローンのご利用店を同じにする必要があります。みずほ銀行に普通預金口座を持っているお客さまにもオススメです。即日ご利用できますし、キャッシュカードでご利用いただけるので、複数のカードを持つ必要もありません。

また、専業主婦などの場合、貸金業者のお借入は収入がなければご利用できないので、みずほ銀行カードローンがオススメです。他のサービスと比べても金利が低めというのもメリットとなります。場合によっては、審査に時間がかかることもあるので、低金利で高額の限度額を必要としていても急いでいない場合にはオススメできるサービスになります。