プロミスの借入とは|金利や審査、返済方法

プロミスはテレビのCMなどでもおなじみですから、ほとんどの方が知っていると思います。ですが、プロミスは会社名ではありません。意外かもしれませんが、プロミスはお借入のサービス名で、社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となります。この、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となっています。

そのため、消費者金融と言ってもかなり、安心度は高いものとなります。それに加えて、三井住友銀行のローン契約機もご利用いただけるといったように、サービス面においても、かなり利便性が高くなっています。

金利・利息手数料

実質年率は4.5%~17.8パーセントと、貸金業者のものとしては一般的な金利よりほんの少し低くなっています。というのも、多くの消費者金融の場合、上限が18.0パーセントとなっているので、0.2パーセントの違いがあります。実際にこの0.2パーセントの違いでは、10万円を1年でご返済すると、100円の差がでます。あまり違いが気にならない差であると言えます。

また、プロミスには30日間金利ゼロといったサービスもあります。初めてのご利用であり、Eメールアドレスを登録して、明細はWeb明細をご利用するといった条件は付きます。この条件に該当すれば、初回のお借り入れの翌日から30日間は無利息でご利用いただけることになります。

関連|無利息期間、無金利期間のある借入

ご融資までのスピード

プロミスは宣伝でも、最短1時間ご融資をうたっています。そのため、実際に1時間でご融資を受けることも可能になっています。一般的に貸金業者によるご融資スピードはどんどん速くなってきているのですが、この1時間というのは最速の部類に入っています。

基本的にはどんな申し込み方法でも、この1時間ご融資を受けることができるのですが、口座振り込みによるご融資の場合、契約手続きを平日の14時までに完了する必要があります。また、申し込みも、平日の14時50分までにしなければなりません。

カードを使用する場合は、この時間制限はありませんが、申し込み方法によっては営業時間に注意が必要になります。

審査

申し込みが可能となるのは、年齢が20歳から69歳までの方となります。また、安定した収入が必要になります。パートやアルバイトでも、安定した収入があれば申し込みは可能となっています。

必要とされる書類としては、「運転免許証(運転免許証をお持ちでないお客さまはパスポートをご用意ください)

※外国籍のお客さまは、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)をあわせてご用意ください。
※個人事業主のお客さまは確定申告書(写し)等が必要です。

担保や保証人は不要となっています。在籍ご確認については、一般的には電話での在籍ご確認になるのですが、電話連絡なしを希望すれば、会社への電話はなしでの在籍ご確認を行ってもらえるので、担当スタッフや電話のオペレーターにその旨を伝えましょう。

関連|借入の審査で見られるポイントと通過するコツ

関連|借入審査の際に必要な身分証明書、身分証なしはダメ?

関連|借入審査前に用意すべき必要書類・本人確認書類

ご返済方式

プロミスでは、残高スライド元利定額ご返済となります。多くの消費者金融でご返済の方式として採用されている一般的な方式になります。ご返済期間が長期化しやすいといった特徴があります。ですが、繰り上げご返済も可能となっているので、こまめに行うことで、早めの完済も可能となっています。

ご返済方法も、インターネットであれば、ホームページ上の操作だけで簡単ですし、手数料もかかりません。ただし、インターネットバンキングの場合、三井住友銀行等の特定の銀行に口座を開設して、インターネットバンキングができる必要があります。

メリット、こんなお客さまにオススメ

初回のご利用に限っては、30日間無利息というのは大きなメリットになりますから、プロミスのご利用が初めてで30日以内にご返済が可能な場合はオススメとなります。また、最短で1時間でのご融資があるので、急いでいるお客さまにもオススメとなります。

在籍ご確認も電話連絡なしでも可能な場合もあるので、会社への連絡は困るといったお客さまにもオススメですね。