クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?

金融機関からご融資を受けようにも、その方法にはさまざまなものがあります。少額のご融資であれば、クレジットカードやカードローンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。クレジットカードとカードローンは異なる金融商品となりますが、中には「クレジットカードとカードローンの違いが分からない…」といった方も見られます。

そこで今回は、クレジットカードとカードローンの違いについてご紹介していきます。

【違いその1】カードの機能

一般的なクレジットカードには、ATMで現金のご融資を受けられるお借入機能に加えて、カードを提示するだけで商品やサービスを購入できる「クレジット機能」が備わっています。つまり、ATMなどを介さずにご融資を受けることができ、スムーズにショッピングを済ませることができます。

それに対して一般的なカードローンには、このようなクレジット機能は備わっていません。カードローンに備わっているのは、基本的にお借入機能のみとなります。

【違いその2】発行元の違い

クレジットカードの多くは、クレジットカード会社が発行しています。それに対して、カードローンについては発行元の多くが銀行や消費者金融といった金融機関となります。

発行元によって異なるのは、主にご返済時の金利や、無利息期間などのサービス面です。特に、無利息期間や無金利期間といったサービスを受けたいのであれば、カードローンを選んだ方が選択肢としては多いでしょう。

【違いその3】ご利用限度額の違い

クレジットカードのお借入とカードローンを比較すると、カードローンの方がご利用限度額が高い傾向にあります。これは、クレジットカードは「クレジット枠」と「お借入枠」が別々に設けられているためです。

ご利用目的に応じて、ご融資を受けられる金額が変わってくるため、クレジットカードではクレジット枠・お借入枠それぞれのご利用限度額をしっかりとご確認しておく必要があるでしょう。

【違いその4】金利の違い

ご返済金額に大きく関わってくる金利については、カードローンの方が低い傾向にあります。前述でも触れましたが、カードローンでは無利息期間などのサービスが実施されているケースも珍しくないため、そのようなサービスを上手に活用すれば、カードローンの方がご返済金額を抑えやすいと言えるでしょう。

ただし、全てのカードローンの金利が低いとは限らないため、しっかりと比較することが大切です。

【違いその5】年会費の違い

年会費がかからないクレジットカードも見られますが、多くのクレジットカードでは会員になるために、1年に1回年会費を支払う必要があります。それに対し、ほとんどのカードローンには年会費がないため、長い期間持ち続けても費用が発生することがありません。

ただし、クレジットカードでは年会費がある代わりに、ポイントや加盟店割引などのサービスが存在しています。ただ単に年会費を比較するだけでなく、サービスの内容も比較した上で、自分にぴったりなカードを選ぶと良いでしょう。

おわりに

今回は、クレジットカードとカードローンの違いについてご紹介してきました。

今回紹介した違いを見てみると、クレジット機能ではなく、現金のご融資を受けるお借入機能のみを目的とするのであれば、カードローンの方が選択肢が多いと言えます。これは、クレジットカードのメイン機能がクレジット機能となっているカードが多いためです。

ただし、具体的な金利やサービス内容については、発行元によって違いが見られます。そのため、各カードの違いをしっかりと比較した上で、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

即日お借入まとめTOPへ戻る

最短1時間